2010年10月23日

なにげに幸せ

台湾出張から帰ってまいりました。
いやー、台湾面白かったです。
また次回台湾トリップに関しては書かせていただきたいと思います。

昨晩、一昨晩はタイからの家族、香港からの男子ゲスト、韓国からの女の子、
フランスからの男子など相変わらずお国はバラバラですが、みんなとても良いハーモニーで
とてもハッピーなタイムが流れました。家族がとてもグッドだったからみんなも巻き込まれたのか、香港、韓国ゲストも日本語が上手でびっくりしました。
送信者 Tabicolle-Backpackers- in Fukuoka
送信者 Tabicolle-Backpackers- in Fukuoka



香港からYUIのコンサートのために来日したALEX!!!
タビコレにお土産まで持って来てくれて、ようできた男子です。
送信者 Tabicolle-Backpackers- in Fukuoka

YUIに会えて興奮してたご様子。
送信者 Tabicolle-Backpackers- in Fukuoka

グッツを大量購入してました。
CDも買ってきてプレゼントしてくれました。謝謝
送信者 Tabicolle-Backpackers- in Fukuoka


今日からベイサイドプレイス博多やら櫛田神社、東長寺などで「博多灯明ウォッチング」がありますよー
ベイサイドプレイスではライブなんかの催し物もあるみたいで。
夕方にぷらり寄ってみてはいかがでしょうかー
送信者 Tabicolle-Backpackers- in Fukuoka

ウォッチングルートは、大博通りを中心に左右に分かれて作られる。
御供所、冷泉、奈良屋、大浜、そしてサンパレスだ。
旧小学校校庭、街路、名所旧跡、参加者が退屈しないようにイベントも盛りだくさん。
すごいのは「灯明巡回バス」が地元団体の主催で運行していること。
たしかに、博多駅からサンパレス周辺(ウオーターフロント地区)までは
かなりの距離なので、バスがあればスイスイだ。
このバスは「無料」になっているので、自由に乗り降り可能。

各所にインフォメーションが設置され、地図配布など行っている。
場所は、順心寺、櫛田神社、博多高等学園、豊国神社、大浜行員間、三信病院
スタート地点もココが一番!ってのはない。
どこから入っても光の道を、自分流に楽しめばオッケー。

大事なコトは、好きな人とだらだ〜〜〜ら歩く(家族やコイビト、もちろんトモもね)。
灯明の明かりで、揺らぎを楽しみながら路地裏を歩いたり
お寺周辺をお邪魔したり、昼と夜の顔を見比べる。
暗闇の中にある無数の淡い光を眺めていると、自然に和らいだ気持ちになる。
穏やかな光に抱かれ、凛とした夜の空気を身体いっぱいに吸い込めば
誰もが幸福な気分になれるのだ。

今、ちょっと調べたら10月23日は満月!!!

【博多灯明ウォッチング 】
日程:10月23日 午後6時〜午後9時
場所:主なスポットは以下に
【冷泉地区】 櫛田神社・「博多町家」ふるさと館
【奈良屋地区】 博多小学校(奈良屋町)
【大浜地区】 旧大浜小学校跡地(下呉服町)

【御供所地区】 博多高等学園(御供所町)ほか地域全体。
【ウォーターフロント地区】 サンパレス(ベイサイド)ほか地域全体。


[ 西鉄バス ] 天神地区 〜 櫛田神社



問い合わせ:博多部まちづくり協議会
電話:事務局 大浜公民館 092-281-0343

(HPはあまりアップデートされていません↓)
http://toumyou.hakata.net/
(別サイト「博多情緒めぐり」にて簡単な詳細がわかります↓)
http://hakata-meguri.city.fukuoka.lg.jp/event/detail.php?id=16


Tabicolle-Backpackers-
posted by Tabicolle-Backpackers- at 09:49| Comment(0) | Tabicolle-Backpackers- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。